感染症ときいても、意外何が感染症なのかピンと来なかったりします。またピンと来ても、ついついクラミジアや梅毒といった性病を思い浮かべるかもしれません。

しかし、私たちの身近にはさまざまな最近やカビなどによる感染症があります。万が一なってしまうと、感染症専門の薬、抗生物質を使わないといけなくなります。

アジスロマイシンを使用する意味などの情報を纏めてみました

アジスロマイシンを使おう

もしも、感染症になってしまった、また体調が悪かったが原因はか感染だったと言うときには、アジスロマイシンを使ってみるといいでしょう。

これはネットでも購入することもできますし、また量も1錠が何mgと選べたりもします。多くの個人輸入代行業者のサイトにて取り扱っているので、入手しやすいといえます。

サイテーション※ジスロマックジェネリック「アジスロマイシン」の通販・個人輸入ならアイドラッグマート http://www.idrugmart.asia/drug/azithromycin.html

とはいえ、海外からの輸入となるので、国内産の薬よりは入手までに時間はかかります。10日~14日くらいはかかるのです。
ただし、病院へいって処方されたりもするので、急ぎの場合には病院へいきましょう。

またすでにわかっている病気も、治療を途中から病院へ行かずに、自身でこの薬を購入して続けるなんてこともあります。その方が治療にかかる費用を抑えられたりするからです。

アジスロマイシンの効用は

よく感染症になると使われるのが、アジスロマイシンです。アジスロマイシンは次のような症状に効果的です。リンパ節炎、気管支炎、肺炎、また子供がなりやすいマイコプラズマ肺炎、尿道炎などの炎症の治療によく使われています。

また、副鼻腔炎にも使われます。副鼻腔炎ときくと、ピンとこない人も蓄膿症ときくとピンと来るでしょう。また子どもにも多いのですが、中耳炎の治療にも用いられます。

中耳炎の場合には、急性でなることもあり、そのときにアジスロマイシンを飲ませておくと、改善に向かいます。ところがここで注意しておきたいのは、一旦なってしまうと繰り返し起こる率が高くなるのです。

そこで気をつけるのは、症状がよくなってもしばらくは、アジスロマイシンをのみ続けておくことが予防にもなったりするのです。

病院からの指示だと止めるタイミングも図れますが、自身で輸入した場合だと、止めるタイミングの判断が難しくなることもあります。

とはいえ、大人はもちろん、子どもの中耳炎にも効果的です。あとは年齢を重ねるにつれて、出てくる歯周病があります。歯周病も歯周病菌によってなるので、これにもアジスロマイシンは効果を発揮します。

アジスロマイシンの副作用とは

アジスロマイシンの副作用とは

ここに書いた他にもさまざまな感染症には、アジスロマイシンはききますが、その一方で残念ながら副作用も出たりするのです。

一般的に出やすいのは、下痢や胃痛やはきけです。あと発疹もあります。もしも、これらが気になるくらい出たら、病院へ診察にいきしょう。

比較的に副作用は重くはないのですが、個人によってはアナフィキラシーショックや不整脈、息切れ、肝臓への負担、急性腎不全などもあります。

こうした副作用が出ることはめったにありませんが、やはり可能性としては知っておいて損はありません。

効用を引き出すための飲み方は

しっかりと効用をだして、副作用を抑えるためには飲み方も気をつけましょう。もしも、飲み忘れがあったとしても、まとめて飲んでしまったり、間隔を開けずに飲むのは、どんな薬でも危険です。

また他の薬も一緒に飲むのは危険です。あとは水や白湯になるだけしましょう。どうしても子どもの場合だけは、飲む工夫をしてもいいでしょう。

安全な薬ではある

副作用も気にはなりますが、それ以上に幅広くいろいろな感染症に、また多くの病院で使われています。アジスロマイシンは安全に飲めるので、ぜひ感染症には服用していきましょう。

アジスロマイシンなどの抗生物質はウイルスには効かないって本当ですか?

風邪をひいた時などによく抗生物質を処方される方は多いでしょう。しかし、一方で抗生物質はウイルスには効かないという事を話を効き、困惑しているという方も少なくないはずです。

これから抗生物質とウイルスについて説明をし疑問を解決していきます。

アジスロマイシンなどの抗生物質はウイルスには効かないって本当ですか?

抗生物質が殺せるのはウイルスではなく細菌

抗生物質が殺せるのは、ウイルスではなく細菌の方です。そして、風邪というのは多くがウイルスによって引き起されます。そんな時に抗生物質を飲んでも、実はあまり意味がありません。

風邪以外に関しても、ウイルスが原因の病気に対して抗生物質は役に立ちません。ウイルス感染症から二次的な細菌感染をおこす事もあるものの、抗生物質はそれを予防する力というものもありませんから、やはりウイルス感染症においては飲むべきではないのです。

細菌感染をしたら、その細菌を殺すために抗生物質は役に立ちますが、その前段階では必要のないものだと覚えておきましょう。

インフルエンザでも抗生物質は使わないという医師も少なくない

インフルエンザでも抗生物質は使わないという医師も少なくない

風邪よりももっと症状の重いインフルエンザでさえ、抗生物質は出さないという医師は少なくありません。なぜならインフルエンザもウイルスにより引き起される病であり、抗生物質が効かないためです。

なので風邪程度で抗生物質を飲むというのはやはり推奨されません。しかしながら、その風邪が本当にウイルス性のものなのかそれともなんらかの細菌による症状なのか、検査をしっかりとしないと医師にも判断できない事があります。

そのため、可能性は低いもののもしもなんらかの細菌が悪さをしている、またはこれからする事も考え、一応抗生物質を出しておくというような医師もいます。

そこは専門家である医師の判断に任せるしかありませんが、疑問に思ったらなぜ抗生物質を処方するのか聞いてみてください。

それで納得のいく答えが返ってくれば、先生を信頼して正しく抗生物質は飲むようにしましょう。